1. HOME
  2. 長野県町村会とは
  3. 被災された関係町村の皆様へ
メッセージメイン写真
メッセージ写真
メッセージ01

災害被災地を訪れて考えたこと。

イメージ写真01

南木曽町の土石流災害、御嶽山噴火、神城断層地震、3つの現場へ町村会長としてすぐに駆けつけました。それぞれの現場では、もし自分の村でこのような災害が発生したら自分自身はどのように行動すればよいだろうかなども含め、さまざまなことを考えざるをえませんでした。
例えば木曽地域では、信仰の対象であり、生きるための最大の資源でもある御嶽山が噴火ということになり、とても悲しい思いでした。被災した登山者の救援に村民の皆さんが全力で関わっており、そういった献身的なことができるのがこの地域のすばらしさだと感じました。
神城断層地震では、皆さんが頑張っておられる姿を目の当たりにしました。豪雪と地震という複合災害でしたが、絆がしっかりしている地域ですので、皆さんが共通の思いを持って復旧に取り組んでおられる姿が印象的でした。災害によって心まで破壊されてしまえば再生能力がなくなってしまうものですが、皆さんが「みんなでやっていきましょう」とたくましく頑張っておられました。その姿を見て、あの方たちなら、これからもそれぞれの地域の資源を新しい形に再生し、生かしていってくれるだろうと確信しました。
私はあらゆる災害の現場に足を運んでいますが、最近の特徴は、自然災害と人的災害が絡み合った複合災害だということです。行政も考え方を改め、しっかりとした対応をしていかないといけないと、身を引き締める思いでおります。

メッセージ02

復旧・復興のために今必要なことと、
今後発生しうる大規模な自然災害に向けてできること。

イメージ写真02

大規模災害では、通常の行政活動の範囲外である問題を含めて、さまざまな問題が一気に、重層的に襲ってくるものです。そのような災害はいつでも発生しうるということを常に意識し、それぞれの地域に精通されている方が、それぞれの地域にあった防災マニュアルを作成することが大事だと思います。全国共通のマニュアルは役に立ちません。
また、行政だけでは解決できない問題もたくさんありますので、地域で協力してお互いに助け合うという、かつての農村文化の原点に帰った人間教育に力を入れていくことも大切なのではないでしょうか。復興には「公助」「自助」「近助」の3つの力が欠かせないのです。
かつて災害は予測できないものでしたが、現代ではある程度の予測をたてることができるものです。ですので、災害を研究対象とする学問、例えば「災害学」のような枠組みで研究を進めていく必要もあるのではないでしょうか。

メッセージ03

被災地域以外の場所に暮らす私たちにできる支援とは。

イメージ写真03

町村会では財政的な支援のほか、それぞれの地域の特産物をPRして広く発信したり、被災地域で会合を開催することで、多くの方に被災地に足を運んでもらう機会とするなど、さまざまな取り組みを行っています。自分の身近にある「もの」や「こと」を被災地域と繋げることは支援のひとつの形だと思いますし、最終的には人と人との繋がりが一番大切なのだと考えているからです。地域住民のパワーはもちろん、地域外の人との交流のパワーが大きな地域再生に繋がるのです。

メッセージ04

被災された皆様へ。

イメージ写真04

なんといっても、人は生きるために生まれてきているのですから、災害や障害に遭遇しても、しっかり生き抜いていただきたいと願っています。そして、生きるということと生活環境の整備は直結している問題ですので、まずはそこに取り組むことが再生につながると信じています。
災害のなかでは、お互いに助け合うことが逆境に立ち向かうエネルギーになるということ、これは私が災害現場で一番感動したことです。動物の中で、助け合いができるのは人間だけです。動物は集団的にグループを守ることはあっても、一対一での助け合いはできませんし、「子どもが親を看る」という感性もありません。そういった人間だけが持つ感性が、復興を進めるエネルギーになるのではないでしょうか。
平和な年もあれば、災害のある年もあるものです。人それぞれが、それぞれの人生を生き抜くということが大切であり、その人生をいかに幸せに結びつけるかということが、私たちの大事な役割だと思っています。

長野県町村会は、被災地の一日も早い復興と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げますとともに、被災された方々が心配なく日々を幸せに暮らしていけるようになるまで、さまざまな形で支援を続けてまいる所存です。

イメージ写真

▲このページの先頭へ戻る

長野県町村会[ 長野県町村議会議長会 ・ 長野県市町村総合事務組合 ・ 長野県町村公平委員会 ・ 長野県町村監査委員協議会 ]
長野県長野市西長野加茂北143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-3530/FAX 026-235-2064