1. HOME
  2. まち・むらブログ
  3. 原村
  4. 原村ブログ
  5. 原村長コラム vol.47(広報はら 平成27年7月号より)

原村はらむら

原村

15年07月15日 町村長コラム 原村長コラム vol.47(広報はら 平成27年7月号より)

 原村の人口は昨年中に18人増加しています。長野県が公表している人口増減によりますと、2014年中に県人口は1万2059人減っていますが、13年連続だそうです。その中にあって軽井沢町、御代田町、南箕輪村、白馬村と原村の5町村だけが人口を増やしています。嬉しいことです。
 増えた所を見ますと大きな市ではなく、何れも自然豊かな町や村です。そういう所が現在は住み易いと思われているのかも知れません。原村が住民意向を捉えて合併しないと決めた時、小さな自治体の住民自治の濃密さと共に、私は人口を増やすことで村の隆盛を計らなければならないと考えました。予定どおり人口は増えてはきましたが、経済成長の伸びの止まりと、人口減少社会の到来で、それは難しくなりました。それでも減るのではなく僅かでも増えてくれることは有難いことでして、原村の自然環境の豊かさと美しさ、生活し易い諸施策は誇りとしなければなりません。
 魅力のある村、夢のある村、成長する村は、住む人が皆で作って行かなくては実現しません。私がよく言う遠くを見る目と近くを見る目が必要になります。原村は「小さくても輝く自治体フォーラムの会」に参加しています。政策研究の面でそれぞれの地域での、似たような自治体の取り組みは、目を瞠(みは)らせるものがあり、自立の地域づくりの大切さに自信が湧きます。これから加盟しようとしています「日本で最も美しい村連合」は厳しい審査を通らなければなりませんが、原村の美しい景観と歴史的な地域資源を守って、田舎らしい原風景を強調することにより地域づくりを進め、観光や移住の人を増やそうとするものです。
 原村の現在の合計特殊出生率は1.55です。人口の自然動態では人口の維持は出来ない数字です。国の行う地方創成も詰まるところは人口問題です。持続する村の繁栄を皆で作って行きたいですね。

▲このページの先頭へ戻る

長野県町村会[ 長野県町村議会議長会 ・ 長野県市町村総合事務組合 ・ 長野県町村公平委員会 ・ 長野県町村監査委員協議会 ]
長野県長野市西長野加茂北143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-3530/FAX 026-235-2064