1. HOME
  2. まち・むらブログ
  3. 『山紫水明 食と文化癒しの郷』
  4. 『山紫水明 食と文化癒しの郷』ブログ
  5. 第51回 生坂村 村民運動会の開催報告

『山紫水明 食と文化癒しの郷』いくさかむら生坂村は、縄文・弥生時代から人々の営みが続けられてきており、江戸時代から明治中期までは煙草産業が非常に栄えました。その後、明治末期頃から昭和50年代までは養蚕が村の基幹産業の位置を占めました。さらに昭和60年代には、巨峰産地づくりが開始され、「山清路巨峰」のブランドを確立させるに至っており、生坂は農業立村を続けてきています。  現在の生坂村は昭和32年3月31日に、町村合併促進法により誕生しています。位置は長野県のほぼ中央にあり、広さは東西5.4km、南北12.2km、面積38.97k㎡で南北に長い形状になっています。  標高は、役場の位置で519m、年間平均気温は11.2度と、松本平に比べ気候は温暖であり、年間降水量1,000mm前後と県内では比較的少なくなっています。

生坂村は、縄文・弥生時代から人々の営みが続けられてきており、江戸時代から明治中期までは煙草産業が非常に栄えました。その後、明治末期頃から昭和50年代までは養蚕が村の基幹産業の位置を占めました。さらに昭和60年代には、巨峰産地づくりが開始され、「山清路巨峰」のブランドを確立させるに至っており、生坂は農業立村を続けてきています。  現在の生坂村は昭和32年3月31日に、町村合併促進法により誕生しています。位置は長野県のほぼ中央にあり、広さは東西5.4km、南北12.2km、面積38.97k㎡で南北に長い形状になっています。  標高は、役場の位置で519m、年間平均気温は11.2度と、松本平に比べ気候は温暖であり、年間降水量1,000mm前後と県内では比較的少なくなっています。

『山紫水明 食と文化癒しの郷』

13年05月26日 町村長コラム 第51回 生坂村 村民運動会の開催報告

第51回 生坂村 村民運動会の開催報告 第51回 生坂村 村民運動会の開催報告 第51回 生坂村 村民運動会の開催報告
25.5.26-sonkai-1.jpg

 26()午前9時から、総合グラウンドで歴史と伝統があります「第51回 生坂村 村民運動会」が村民の皆さん大勢ご参加いただき、盛大に開催できました。

小さな区では選手集めが大変だからということで、競技役員の数も変更しながら、分館対抗の競技を減らし、早さを競うのではなく、工夫してゲーム感覚の競技と「はしれ!いくりん健康体操」などで健康維持と健康管理の啓発も図りながら、今年度は2種目増やし、午前中一杯楽しめるようにしました。

25.5.26-sonkai-4.jpg

 やはり、幼児から高齢者までの村民の皆さんが、スポーツで一堂に交いする機会は、村民運動会しかありませんので、親睦を深められ、絆も強くなる良い機会だと感じております。また、村民の皆さんが一生懸命で元気にプレイする姿、温かな声援、賑やかな歓声や大きな笑い声は、私が村政運営を元気に行える源でもあります。

25.5.26-sonkai-6.jpg

 今日はとても暑い天気で大変でしたが、大会競技役員の皆さん、各分館長さんをはじめ分館役員の皆さん、そして、競技に出場された方、応援の方など、多くの村民の皆さんのご協力により成功裏に終わることが出来、誠にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

25.5.26-sonkai-7.jpg

▲このページの先頭へ戻る

長野県町村会[ 長野県町村議会議長会 ・ 長野県市町村総合事務組合 ・ 長野県町村公平委員会 ・ 長野県町村監査委員協議会 ]
長野県長野市西長野加茂北143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-3530/FAX 026-235-2064