1. HOME
  2. まち・むらブログ
  3. 『山紫水明 食と文化癒しの郷』
  4. 『山紫水明 食と文化癒しの郷』ブログ
  5. 高津屋森林公園「春の山菜まつり」の開催報告

『山紫水明 食と文化癒しの郷』いくさかむら生坂村は、縄文・弥生時代から人々の営みが続けられてきており、江戸時代から明治中期までは煙草産業が非常に栄えました。その後、明治末期頃から昭和50年代までは養蚕が村の基幹産業の位置を占めました。さらに昭和60年代には、巨峰産地づくりが開始され、「山清路巨峰」のブランドを確立させるに至っており、生坂は農業立村を続けてきています。  現在の生坂村は昭和32年3月31日に、町村合併促進法により誕生しています。位置は長野県のほぼ中央にあり、広さは東西5.4km、南北12.2km、面積38.97k㎡で南北に長い形状になっています。  標高は、役場の位置で519m、年間平均気温は11.2度と、松本平に比べ気候は温暖であり、年間降水量1,000mm前後と県内では比較的少なくなっています。

生坂村は、縄文・弥生時代から人々の営みが続けられてきており、江戸時代から明治中期までは煙草産業が非常に栄えました。その後、明治末期頃から昭和50年代までは養蚕が村の基幹産業の位置を占めました。さらに昭和60年代には、巨峰産地づくりが開始され、「山清路巨峰」のブランドを確立させるに至っており、生坂は農業立村を続けてきています。  現在の生坂村は昭和32年3月31日に、町村合併促進法により誕生しています。位置は長野県のほぼ中央にあり、広さは東西5.4km、南北12.2km、面積38.97k㎡で南北に長い形状になっています。  標高は、役場の位置で519m、年間平均気温は11.2度と、松本平に比べ気候は温暖であり、年間降水量1,000mm前後と県内では比較的少なくなっています。

『山紫水明 食と文化癒しの郷』

13年05月05日 町村長コラム 高津屋森林公園「春の山菜まつり」の開催報告

高津屋森林公園「春の山菜まつり」の開催報告 高津屋森林公園「春の山菜まつり」の開催報告 高津屋森林公園「春の山菜まつり」の開催報告

 5日()午前11時より高津屋森林公園管理組合主催の「春の山菜まつり」が、小山組合長さんをはじめ多くの組合の皆さんに準備、運営をしていただき開催されました。

 今年は、4月21日に観測史上一番遅い雪が降り、その後も何日も強い霜が降りて、芽吹き始めたたらの芽、ワラビなどの山菜が凍霜害に遭い、恒例の山菜まつりが行われるか危ぶまれました。

25.5.5-sanma-1.jpg


 そういう中、組合の皆さんと担当部署が頑張って集めていただき、例年より量は少なめでしたが開催することができました。しかし「ワラビのもぎ取り」は霜と寒さでワラビが伸びきらず、実施できずに残念がる方もお出でになりました。

25.5.5-sanma-2.jpg 

 これらの状況により規模を縮小しましたからお客様も少なかった感じですが、たらの芽、コシアブラ、こごみ、うど、行者ニンニク、ワサビ、乾燥しいたけなどが30分位で3分の2位売れてしまうほどの盛況ぶりでした。また、こま打ちをした「しいたけのほだ木」も例年販売され、1本500円とお値打ちですのでそれを目当てに来られたお客さんもお出でになりました。

25.5.5-sanma-3.jpg

 食堂では、たらの芽・こごみなどの天ぷらとワラビの入った、そばとうどんが販売され、山菜の天ぷらが美味しく、汁のダシが効いていて評判が良く、お客様の殆どが召し上がっていかれました。

 お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。そして、管理組合の皆さん、お疲れ様でした。

▲このページの先頭へ戻る

長野県町村会[ 長野県町村議会議長会 ・ 長野県市町村総合事務組合 ・ 長野県町村公平委員会 ・ 長野県町村監査委員協議会 ]
長野県長野市西長野加茂北143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-3530/FAX 026-235-2064