1. HOME
  2. まち・むらブログ
  3. 『山紫水明 食と文化癒しの郷』
  4. 『山紫水明 食と文化癒しの郷』ブログ
  5. 農業体験ツアー「一日いくさか村民」の2日目の報告

『山紫水明 食と文化癒しの郷』いくさかむら生坂村は、縄文・弥生時代から人々の営みが続けられてきており、江戸時代から明治中期までは煙草産業が非常に栄えました。その後、明治末期頃から昭和50年代までは養蚕が村の基幹産業の位置を占めました。さらに昭和60年代には、巨峰産地づくりが開始され、「山清路巨峰」のブランドを確立させるに至っており、生坂は農業立村を続けてきています。  現在の生坂村は昭和32年3月31日に、町村合併促進法により誕生しています。位置は長野県のほぼ中央にあり、広さは東西5.4km、南北12.2km、面積38.97k㎡で南北に長い形状になっています。  標高は、役場の位置で519m、年間平均気温は11.2度と、松本平に比べ気候は温暖であり、年間降水量1,000mm前後と県内では比較的少なくなっています。

生坂村は、縄文・弥生時代から人々の営みが続けられてきており、江戸時代から明治中期までは煙草産業が非常に栄えました。その後、明治末期頃から昭和50年代までは養蚕が村の基幹産業の位置を占めました。さらに昭和60年代には、巨峰産地づくりが開始され、「山清路巨峰」のブランドを確立させるに至っており、生坂は農業立村を続けてきています。  現在の生坂村は昭和32年3月31日に、町村合併促進法により誕生しています。位置は長野県のほぼ中央にあり、広さは東西5.4km、南北12.2km、面積38.97k㎡で南北に長い形状になっています。  標高は、役場の位置で519m、年間平均気温は11.2度と、松本平に比べ気候は温暖であり、年間降水量1,000mm前後と県内では比較的少なくなっています。

『山紫水明 食と文化癒しの郷』

13年05月13日 町村長コラム 農業体験ツアー「一日いくさか村民」の2日目の報告

農業体験ツアー「一日いくさか村民」の2日目の報告 農業体験ツアー「一日いくさか村民」の2日目の報告 農業体験ツアー「一日いくさか村民」の2日目の報告

 ツアー2日目は天候に恵まれましたが、昨日の雨で足下が心配でしたので、Bコースの大城・京ヶ倉トレッキングは中止し、Aコースの山菜狩り、シイタケ採りとそば打ち体験が行われました。

25.5.12-notatu-1.jpg

 朝8時30分にやまなみ荘を出発して、高津屋森林公園でわらび等の山菜狩りとほだ木のシイタケ採りを体験しました。続いて「おじさま倶楽部」の有段者の皆さんのご指導で、班ごとに分かれて、手打ちのそば打ち体験を行いました。

 それぞれに打ったそばは、指導していただいた方と一緒に食べ、顔見知りが多いので色々と話が弾んでいました。私は指導ができませんが、2班の皆さんとご一緒させていただきました。少し太めの腰の効いたうどんの様な歯ごたえもありましたが、初めてのそば打ち体験とは思えないほど、良く打ち上がっていたと感じましたし、とても美味しく食べさせていただきました。


25.5.12-notatu-4.jpg

 また、高津屋森林公園管理組合の皆さんが調理していただいた山菜の天ぷら、コゴミや行者ニンニクのおひたしなどもとても美味しく、山菜名、作り方などを聞きながら皆さん堪能していました。

 昼食後は、ワラビのあく抜き講習をした後、皆さんで記念写真も撮りました。

25.5.12-notatu-5.jpg

 それからやまなみ荘のお風呂で疲れを癒していただき、帰る準備をしてから、かあさん家でお買い物をしていただき帰路に着きました。参加された皆さんが植えていただいた稲や野菜は、責任をもって管理していきますので夏と秋にもぜひお越しください。

ご参加いただきました皆さん、ご協力いただきました多くの村民の皆さんに感謝を申し上げます。


▲このページの先頭へ戻る

長野県町村会[ 長野県町村議会議長会 ・ 長野県市町村総合事務組合 ・ 長野県町村公平委員会 ・ 長野県町村監査委員協議会 ]
長野県長野市西長野加茂北143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-3530/FAX 026-235-2064