1. HOME
  2. まち・むらブログ
  3. 『山紫水明 食と文化癒しの郷』
  4. 『山紫水明 食と文化癒しの郷』ブログ
  5. 「2013 赤とんぼフェスティバルINいくさか」 1日目

『山紫水明 食と文化癒しの郷』いくさかむら生坂村は、縄文・弥生時代から人々の営みが続けられてきており、江戸時代から明治中期までは煙草産業が非常に栄えました。その後、明治末期頃から昭和50年代までは養蚕が村の基幹産業の位置を占めました。さらに昭和60年代には、巨峰産地づくりが開始され、「山清路巨峰」のブランドを確立させるに至っており、生坂は農業立村を続けてきています。  現在の生坂村は昭和32年3月31日に、町村合併促進法により誕生しています。位置は長野県のほぼ中央にあり、広さは東西5.4km、南北12.2km、面積38.97k㎡で南北に長い形状になっています。  標高は、役場の位置で519m、年間平均気温は11.2度と、松本平に比べ気候は温暖であり、年間降水量1,000mm前後と県内では比較的少なくなっています。

生坂村は、縄文・弥生時代から人々の営みが続けられてきており、江戸時代から明治中期までは煙草産業が非常に栄えました。その後、明治末期頃から昭和50年代までは養蚕が村の基幹産業の位置を占めました。さらに昭和60年代には、巨峰産地づくりが開始され、「山清路巨峰」のブランドを確立させるに至っており、生坂は農業立村を続けてきています。  現在の生坂村は昭和32年3月31日に、町村合併促進法により誕生しています。位置は長野県のほぼ中央にあり、広さは東西5.4km、南北12.2km、面積38.97k㎡で南北に長い形状になっています。  標高は、役場の位置で519m、年間平均気温は11.2度と、松本平に比べ気候は温暖であり、年間降水量1,000mm前後と県内では比較的少なくなっています。

『山紫水明 食と文化癒しの郷』

13年10月21日 町村長コラム 「2013 赤とんぼフェスティバルINいくさか」 1日目

「2013 赤とんぼフェスティバルINいくさか」 1日目 「2013 赤とんぼフェスティバルINいくさか」 1日目 「2013 赤とんぼフェスティバルINいくさか」 1日目

 19()午後3時に保育園児のくす玉割りと「パイレーツオブヒマワリ」のリズム体操で始まり、福まき、生坂龍翔太鼓の演奏、キッズビクスのダンス、どぶろく「腹の神」新酒の披露と、オープニングから盛り上げていただき盛大に始まりました。

 それぞれのステージ発表は、可愛らしさや練習の成果が伺える素晴らしさがあり、4年目のどぶろく「腹の神」の新酒はまろやかな口当たりで、おじさま倶楽部の杜氏さんの腕が良いのと冷蔵庫を設置した成果があったと感じました。

 続いて、ファイティング.パキラの「よさこいソーラン」で馴染みのある曲で軽快に踊っていただきました。災害時に備えよう!生坂炊き出し訓練は、10区を3班に分けて協力しあって、初めて大釜で、味噌味・カレー味・中華味のすいとんを作っていただき、とても美味しく頂戴しました。

 5年目の「地域ぐるみでむらじゅう花ざかり」では、各区が色々と趣向を凝らしていただき、草取り・水くれなど維持管理は大変ですが、各区で力を合わせさらに素晴らしい花畑になりました。審査会の結果、金賞は上生坂区、銀賞は草尾区、銅賞は同点で下生野区・大日向区に、そして今年度から努力賞を宇留賀区・昭津区の2区に表彰させていただきました。

書道パフォーマンスは、踊りと書道を組み合わせたリズミカルなステージで、「躍動」「前進」とそれぞれに書かれた文字が生坂村と村民のことを思い、みんなが力強く書かれ、気持ち込めた文章にとても感動しました。私もキーワードの「心」の字を書き、一緒に参加させていただきました。

生坂音頭も子どもから大人まで多くの皆さんと長野県のマスコットキャラクターのアルクマにも踊っていただき、大きな踊りの輪ができ盛り上がりました。

 1日目最終は、毎年好評の「みのわ手筒会」の花火を身近で見られ、毎年趣向を凝らしていただくなど、その迫力と美しさに堪能しました。各区や各団体の各ブースも郷土料理や特産品などを販売して大いに盛り上げていただきましたことに御礼を申し上げます。

25.10.19-akafe-3.jpg

▲このページの先頭へ戻る

長野県町村会[ 長野県町村議会議長会 ・ 長野県市町村総合事務組合 ・ 長野県町村公平委員会 ・ 長野県町村監査委員協議会 ]
長野県長野市西長野加茂北143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-3530/FAX 026-235-2064