1. HOME
  2. まち・むらブログ
  3. 宮田村
  4. 宮田村ブログ
  5. 清水村長 おつかれさまでした。

宮田村みやだむら南に太田切川、東に天竜川が流れる人口9,300人が住む村。

南に太田切川、東に天竜川が流れる人口9,300人が住む村。

宮田村

13年07月24日 清水村長 おつかれさまでした。

多くの方に見送られる清水村長

多くの方に見送られる清水村長

7月23日(火)清水村長の退任式が執り行われ、正面玄関には多くの方に駆け付けていただきました。

以下、村長からお礼のお言葉です。

------------------
二期八年を振り返って
 
 平成17年7月24日が初登庁、自立を選択して二年目を迎えて村政の舵取りは一層結果を求められるところ、バブル崩壊後長引く経済低迷の環境下で当時は行政の民営化とも言われ、私に課せられた村民の期待は大きなものがあったと責任の重大さを感じました。
 業務に取り掛かると、第四次総合計画後期基本計画策定、天竜川魚業協同組合撤退に伴うマス池の後利用問題、地方交付税削減による厳しい財政状況など課題が山積しておりました。活力ある村づくりに向け企業誘致、人口増加策など方針を明確化すると共に積極的に展開する行動により、いくつかの企業誘致と既存村内企業の事業拡大に向け用地ニーズに積極的に対応させていただき、一定の効果を上げることができました。
第四次の総合計画の後期計画は、私の実行計画でもあります。過去に見る総花的でなく、将来を見据え目標を明確化、協働の村づくりを基本に地区行政懇談会を開催、多くのご意見をいただきました。
年次基本方針として、「地域の安全・安心」「子育て支援・福祉の充実」「地域資源を活かした産業振興」「環境に配慮した村づくり」を四つの柱に、持続可能な行財政改革、費用対効果を求める予算付けなど発想の転換により「村民と共に築く村づくり」を合言葉に取り組んでまいりました。
事業推進にあたり優先順位を明確にするなかで、小中学校・役場庁舎の耐震工事、上の宮浄水場建て替え、村道17号線拡幅改良工事、こうめ保育園新設、高齢者支え合い拠点施設建設など取り組むとともに、子育て支援センター建設に向け、関係する皆さんとの協議を重ねております。
環境面では、エコアクション21の認証取得を進めるとともに、資源化・減量化・リサイクルの3R活動を推進、村民参加を頂くなかで効果の上がるエコ活動にしたいと願っています。
地域資源を活用した産業の活性化では、新たな六次産業化構想に向け協議を重ねるも実現には至りませんでした。営農組合の法人化議論と合わせ、今後の課題とします。また、「宮田観光ホテル」が四十五有余年の歴史に幕を閉じましたが、今後は観光専門業者が「宮田観光ホテル」として経営を引き繋ぐことが出来ました。
 第五次総合計画・福祉計画・健康増進計画を策定し、誰もが健康であり続ける環境を整備し、事業の充実した推進を願うばかりです。
任期を無事終える事が出来ますのも議会議員はじめ村民お一人お一人のご支援、ご協力あっての事、また、行政マンとしての職員の積極的な取り組みとご理解があっての大きな成果に心より感謝申し上げ二期の任期の終了とさせていただきます。
 宮田村の小さくても輝き続ける発展を願いします。
 ありがとうございました。

宮田村長  清水 靖夫

▲このページの先頭へ戻る

長野県町村会[ 長野県町村議会議長会 ・ 長野県市町村総合事務組合 ・ 長野県町村公平委員会 ・ 長野県町村監査委員協議会 ]
長野県長野市西長野加茂北143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-3530/FAX 026-235-2064