1. HOME
  2. まち・むらブログ
  3. 長和町

長和町ながわまち町には旧中山道が走っており、長久保宿、和田宿の2つの宿場が当時の面影を残しています。和田峠・星糞峠など縄文時代の黒耀石採掘跡が発見されています。

町には旧中山道が走っており、長久保宿、和田宿の2つの宿場が当時の面影を残しています。和田峠・星糞峠など縄文時代の黒耀石採掘跡が発見されています。

長和町
まち自慢!

長和町は平成17年10月1日、長門町、和田村が合併し誕生しました。両町村とも、歴史が古く、町には旧中山道が走っており、長久保宿、和田宿の2つの宿場が当時の面影を残しています。また縄文時代の遺跡も発見されており、当時の黒耀石鉱山として、鷹山の星糞峠が国の史跡に指定されています。

緑に囲まれた長和町は、長門牧場や美ヶ原高原、スキー場など、四季を通じて自然を満喫できます。

役場所在地 〒380-0602 長野県小県郡長和町長久保525番地1
電話 [代表] 0268-68-3111 FAX 0268-68-4011
人口・面積 人口 7,084人  面積 183.9km2 予算額 5,200,000千円
公式サイト http://www.town.nagawa.nagano.jp/
特色内容 歴史的施設の保存
長和町は、和田峠・星糞峠など本州最大規模の黒耀石産出地を有し、3万年余も前の旧石器時代の一大石器製作工房跡や、「世界最古の鉱山」ともいえる縄文時代の黒耀石採掘跡が発見されています。
この黒耀石原産地遺跡群に隣接する黒耀石体験ミュージアムでは、調査や研究の成果を紹介するとともに、石器づくりや骨角器づくりなど、石器時代の人々の知恵と技が体験できる場となっています。
江戸時代には、中山道随一の難所である和田峠を控え、この麓に位置する和田宿・長久保宿は、信濃26宿の中でも大きな宿場町として賑わいました。
往時の姿が、今尚偲ばれる和田峠山中の中山道とともに、和田宿本陣等の建造物などが国史跡に指定され、地元和田中学校の生徒や地域住民の皆さんにより、建物の清掃や、道中の草刈、ゴミ拾いなど、史跡の保存活動が行われています。
地場産業・特産物振興
長和町は、ルチンを多く含むダッタンソバの栽培を、中山間直接支払い事業の一環として行っています。
ダッタンソバは「苦ソバ」といわれ、苦味と渋みが強いのですが、長和町で栽培されたものは口当たりがいいのが特徴です。
最近では、ダッタンソバ粉を使った、すいとん、そばがき、クレープ、ケーキなどが、人気を呼んでいます。

出典:全国町村議会議長会 第55回実態調査

2010年07月10日 元気なふるさと 収穫祭めぐり2010 ダッタンそば収穫祭
ポリフェノール(ルチン)を多量に含むダッタンそば。苦くないダッタンそばが食べられるのは長和町だけです!ダッタンそば直販施設が新たにオープンします。高原の麓の澄んだ空気で育ったそばや野菜等の特産品が味わえます。 期日10/10(日)会場ダッタンそば加工直販施設【緑の花そば館】お問合せTEL.0268-88-2345(長和町役場産業振興課特産品開発係)アクセス長...
続きを読む
2010年03月08日 お知らせ イチゴ狩り
☆イチゴ狩り開催中☆ 甘くて人気のイチゴ。冬から春にかけて収穫できます。 時期 1月から6月まで 場... 続きを読む
2010年03月05日 特産品情報 虹鱒の唐揚げ
広報ながわ2010年3月号の突撃特産品レポートで紹介しました虹鱒の唐揚げ。 オートキャンプ場「赤倉の... 続きを読む
2010年02月01日 特産品情報 信州 立岩和紙の里
長和町立岩地区でおよそ300年前から始まったといわれている立岩和紙 その伝統を今でも継承している「信... 続きを読む
2010年01月08日 お知らせ 東京農業大学
東京農業大学は、平成20年度から長和町と協定を結び、「山村再生プロジェクト」を行っています。その活動... 続きを読む
2009年12月03日 特産品情報 学校給食のコッペパン
道の駅「マルメロの駅ながと」内にある大島屋では、学校用のパンを作っています。60年前から地元の学校を... 続きを読む
2009年11月01日 クルミの殻を再利用
(株)日本ウオルナットでは、クルミの殻などを粉体にして金属やプラスチック製品の研磨・研掃材を作ってい... 続きを読む

長和町ブログ 記事一覧

▲このページの先頭へ戻る

長野県町村会[ 長野県町村議会議長会 ・ 長野県市町村総合事務組合 ・ 長野県町村公平委員会 ・ 長野県町村監査委員協議会 ]
長野県長野市西長野加茂北143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-3530/FAX 026-235-2064