1. HOME
  2. まち・むらブログ
  3. 佐久穂町
  4. 佐久穂町ブログ
  5. 佐久穂町長 佐々木定男からのごあいさつ

佐久穂町さくほまち八千穂高原の白樺林、白駒池は訪れる観光客も多い。自然を生かした観光振興で町の活性化をはかる。

八千穂高原の白樺林、白駒池は訪れる観光客も多い。自然を生かした観光振興で町の活性化をはかる。

佐久穂町

07年06月08日 町村長コラム 佐久穂町長 佐々木定男からのごあいさつ

 東信濃の佐久穂町のサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。 
 佐久穂町は、平成17年3月20日に佐久町と八千穂村との合併により誕生しました。長野県下では、平成の大合併で誕生した「最初の町」で、人口は約13,000人です。自然環境はもとより、高速交通網の整備により地理的条件などでポテンシャルを秘めた可能性のある町・夢と希望の持てる未来のふるさとを目指しています。
rengeshirakaba.JPG

 気候は寒暖の差が大きく、夏は冷涼、冬は積雪が少ない内陸性の気候で、平均気温は約10℃、年間降水量は約1,000?です。町の面積のうち約80%が森林で、千曲川が町の中央部を南北に縦断しています。千曲川を境とした西部の北八ヶ岳山麓には、八ヶ岳中信高原国定公園に位置する「八千穂高原」があります。この八千穂高原の標高1,600メートル付近には、東洋一ともいわれる「白樺の群生林」があり、「恋人の聖地」にも選定されています。東部の秩父山系の山地には、妙義荒船佐久高原国定公園に位置する山々があります。皇太子様が登山された信州百名山のひとつ「茂来山」がその代表格で、麓には森の巨人百選に選ばれた「トチの木こぶ太郎」があります。また、群馬県境を源とする抜井川の清流が岩肌を削ってできた「古谷渓谷」があり、年間を通じて四季折々の姿を見せてくれます。さわやかな風、清らかな水、澄んだ空気と透明な光、いずれをとってもこの土地特有の気配を感じさせてくれます。高原に吹く風は、まさに清々しさそのものです。ぜひ「水と緑のうるおい 人の営みが奏でる未来のふるさと」佐久穂町へお越しください。

▲このページの先頭へ戻る

長野県町村会[ 長野県町村議会議長会 ・ 長野県市町村総合事務組合 ・ 長野県町村公平委員会 ・ 長野県町村監査委員協議会 ]
長野県長野市西長野加茂北143-8 長野県自治会館内
TEL 026-234-3530/FAX 026-235-2064