お知らせ

HOME > お知らせ一覧 > 議長会第29回定期総会を開催しました

議長会第29回定期総会を開催しました

長野県町村議会議長会

 10月23日(水)に長野県自治会館において、第29回定期総会を開催しました。
はじめに、総会に先立ち、この度の台風第19号の被害により、お亡くなりになられた方々に黙とうを捧げました。
 下平会長は冒頭、「台風第第19号による今後の支援について、県や関係機関と連携を図りながら、被災地の復旧・復興のための取組みを進めてまいりたい」、「町村議会においても、議会の権能強化など課題はあるが、自ら議会の活性化を図り、住民に開かれた議会を目指し、住民の負託にしっかりと応える議会となるよう、さらに力を尽くしていきたい」とあいさつしました。
 つづいて、永年にわたり地方自治の振興発展にご尽力いただいた功績に対する表彰を行い、全39名の自治功労者のうち、当日出席した7名の議長に自治功労者表彰を行いました。
 また、国・県に対する提案・要望事項として、「議会の権能強化」、「議員のなり手確保」「大規模災害や複合災害に備えた公共事業の推進」、「地域医療・保健体制の充実」、「野生鳥獣被害対策の推進」「道路等交通網の整備促進及びインフラ老朽化対策の充実」などを決定し、今後、県関係国会議員、省庁、県知事、県議会議長などに要望していくこととしました。
 総会には、来賓として、太田副知事、清沢県議会議長、羽田町村会長が出席され祝辞を述べられました。
定期総会終了後、同志社大学大学院総合政策科学研究科教授新川達郎氏が「災害時の議会・議員の役割」と題し、講演を行いました。

自治功労者名簿
決議
国に対する提案・要望事項
国に対する重点提案・要望事項
県に対する提案・要望事項
県に対する重点提案・要望事項