お知らせ

HOME > お知らせ一覧 > 議長会第31回定期総会を開催しました

議長会第31回定期総会を開催しました

長野県町村議会議長会

 10月27日(火)に長野県自治会館において、第31回定期総会を開催しました。
 下平会長は冒頭、「コロナウイルスにより、経済、社会、さらには人々の行動様式までもが甚大な影響を受けている。こうした中、少子化・高齢化等による喫緊の課題を抱えながら、地方創生に向け、多岐にわたる取組を進めている町村の実情を、国や県に強く訴えてまいりたい」、「6月の公職選挙法の改正は大きな前進であると評価し、今後も、議会の権能強化や、多様な人材が参画するための環境整備に向け、国に対して訴えてまいりたい」とあいさつしました。
 続いて、永年にわたり地方自治の振興発展にご尽力いただいた功績に対する表彰を行い、全21名の自治功労者のうち、当日出席した7名の議長に自治功労者表彰を行いました。
 また、国・県に対する提案・要望事項として、「議会の権能強化」、「議員のなり手確保」「大規模災害からの復興と災害に備えた公共事業の推進」、「地域医療・保健体制の充実」、「農業・農村対策の推進」「道路等交通網の整備促進及びインフラ老朽化対策の充実」などを決定し、今後、県関係国会議員、省庁、県知事、県議会議長などに要望していくこととしました。
 総会には、来賓として、小岩副知事、小池県議会議長、羽田町村会長にご臨席いただきご祝辞をいただきました。
 定期総会終了後、早稲田大学マニフェスト研究所事務局長中村健氏に「住民に期待される議会になろう ~コロナ禍で見えたこと~」と題し、ご講演いただきました。

自治功労表彰名簿
決議
国に対する提案・要望事項
国に対する重点提案・要望事項
県に対する提案・要望事項
県に対する重点提案・要望事項