長野県市町村職員互助会

HOME > 長野県市町村職員互助会

職員互助会とは

地方公務員法第42条に規定する「その他の厚生制度」を実施する県的連合団体として設立しました。厳しい市町村財政の中で、市町村職員のスケールメリットを生かし、職員の相互共済 及び福祉増進のための福利厚生施策を充実し、より効率的に推進するための団体です。
市町村から委託を受けた事業の効率的な運営管理と、職員の厚生制度の充実を図ることで、公務能率の一層の向上と住民に対する行政サービスの維持・向上に資することを目的としています。
長野県内の市町村、一部事務組合、広域連合及び市町村の関係団体並びに当該市町村等に勤務する職員で組織しています。

資料ダウンロード

例規集

メンタルヘルス事業

給付事業

1. 生活安定支援事業

療養見舞金(会員が病気又は負傷のため引き続き7日以上にわたり入院したとき)

2. 次世代育成支援事業

  • 結婚祝金(会員が結婚したとき)
  • 出産祝金(会員又はその配偶者が出産したとき)
  • ありがとう出産祝金(会員又はその配偶者が3子以上の子を出産したとき)
  • 入学・卒業祝金(会員の被扶養者又は同一生計を営む子が、小学校に入学したとき及び中学校を卒業したとき)

3. 健康増進支援事業

  • 体力向上等助成金(加入団体がその所属する会員の体力向上等事業を実施する経費の一部を支給)
  • 健康増進助成金(会員が次の期間に達し、健康増進事業を実施したとき。1会員につき1回、特別職5年・一般職15年)
  • メンタルヘルス事業(メンタルヘルス相談会の実施(毎月1回)、メンタルヘルス実施に関する指導相談の実施、管理監督者に対するメンタルヘルス研修の実施、こころの健康相談室の実施、メンタルヘルスに関する情報の提供)

4. 生活設計支援事業

  • 退会一時金(会員が退会したとき)
  • リフレッシュ助成金(会員期間が10、20、30年に達したとき)
  • 生活支援助成金(加入団体が死亡した会員の遺族に対し、生活支援を実施したとき。退会一時金相当額)
  • 福利厚生施設との提携事業(市町村施設:市町村施設の割引利用、株式会社プリンスホテル:全国のプリンスホテル系宿泊施設、ゴルフ場、スキー場等スポーツ施設の割引利用、セラヴィリゾート泉郷:宿泊料の割引利用)